読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ととロト駄文寝

思いついたままに駄文寝

              ースポンサーリンクー

ゴリラは怖い?

2018年5月28日 米中西部オハイオ州の動物園にてゴリラが射殺されるという悲しい事件が起きる。

柵を乗り越えて落下した男児をゴリラが引きずり回り、これは危険だと判断した動物園側がやむなく射殺を決行することになった。

これがそのときの映像だ。

www.youtube.com

 

たしかに男児が引っ張られているシーンは荒々しく、下手したら脱臼しかねないほどの乱暴さである。

けどよく見てみると男児を背に隠して守ってるようにも見えないだろうか。

引っ張る以外では男児に対しての扱いも優しく、もしかしたら奇声を上げている観客から守ろうとしていたのかもしれない。

別にゴリラを射殺した動物園側を責めているわけではない。

ただもう少しゴリラを信用してやれなかったのかと悔やまれる。

ゴリラが男児を守るつもりでそばにいたのなら、飼育員が近づいたら男児を引き渡していてくれたかもしれない。

射殺をするのは素直に男児を引き渡さなかった時でもよかったのではないだろうか。

 

ゴリラの優しさ

f:id:wtpmjgdawtpmjgda-tanaka:20160601235718p:plain

たくましい筋肉にするどい牙を持つゴリラは一見凶暴な動物に見えるが、それは誤解である。

草食のゴリラはチンパンジーと違って他の動物を襲うことはなく、人間に噛み付いて負傷させたなんて話も聞いた事がない。

ゴリラのテリトリーに人間が大量に押し寄せて挑発しても、ゴリラはドラミングと言われる威嚇をするか、足を引っ張って転ばせるぐらいしかやってこない。

心優しく人を襲うこともないゴリラだったから、密猟者に狙われた悲しい過去があるのですけどね::

 

ちなみにこちらがゴリラ同士のガチ喧嘩


【ゴリラの喧嘩!】人間クラスじゃ止められない!ゴリラのガチファイト!ハプニング【Funny Animal Tube】動物 可愛い 面白い イタズラ

これはボブサップでも絶対勝てない・・・。

 

過去にもゴリラゾーンに落下した少年も

これは有名な話なので知ってる人も多いのでは。

30年前にイギリスの動物園のゴリラゾーンに誤って落下し、失神してしまった少年。

そしてそれに近寄るゴリラが何をしたかといえば、少年のそばにつき手で優しくさすって様子を見てくれて、他のゴリラが近づいてこないように守ってくれたのだ。

少年が目を覚まして泣き出したら即座に離れ、そして少年は無事に救出された。

 

このようにゴリラにも人間の子供を守ろうとする心があるのだ。

男児を引きずり回していたゴリラも観客の奇声で混乱して、パニックになっていただけだったのかもしれないのだ。

射殺する前にもう一度だけゴリラを信じてやれなかったのだろうか。

即効性の麻酔銃を使えばよかったのでは?

ちなみに即効性の麻酔銃を使えばよかったのでは?という声があるが、基本的に即効性の麻酔銃なんてものはなく、即効性を高めるために麻酔の量を増やしてしまうと麻酔どころか永遠の眠りについてしまうだろう。

麻酔銃で速攻で眠りに就くのはコナンの世界だであって、麻酔というのは本来かなりデリケートなものなのだ。

血管に直接刺されば効き目も早いのだろうけど麻酔銃で血管を狙うなんてゴルゴ13でも無理な話で、逆に麻酔銃を打ち込んだために興奮して暴れだす危険性があるので麻酔銃の使用は無理であった。

 

 

今回の事故でゴリラが怖い動物だと思ってしまった人もいるかもしれません。

でもゴリラは本来人間を襲うことのない、心優しい動物なのです。

どうか誤解しないであげてください・・・