読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ととロト駄文寝

思いついたままに駄文寝

              ースポンサーリンクー

ドバイの電車で寝たら罰金!

 

TVで「ドバイの電車の中で居眠りすると罰金9000円!」と言っていて「まじか!」とビックリした今日この頃・・・。

なんで居眠りだけで罰金になるんだと思って調べてみたら、特にこれだという理由はないらしいですね。

強いて言うなら治安維持のためだとか。

 

 

有名な話で治安が最悪だった頃のニューヨークの市長が治安を回復させるために、まず街中の落書きを消したり小さな犯罪を徹底的に取り締まるところから始めた。

すると治安がみるみるよくなり、住民や観光客も戻ってきたらしい。

これがいわゆる割れ窓理論というらしく

割れ窓理論とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。ブロークン・ウィンドウ理論壊れ窓理論ともいう。wikiより」

ドバイのこの厳しすぎるとも思える罰則も、この割れ窓理論を参考にして治安維持のために設けられているのかもしれない。

 

たしかにドバイは日本に比べてとてつもなく暑い国ですから、エアコンの効いた電車内であまりダラダラされたら困るのもあるのでしょうね。

ちなみに電車内の飲食も罰金で、その額は6000円。

居眠りのほうが罪が重いのね・・・

飲食のほうがたちが悪い気もしますがw